フォークダンス記念館
フォークダンス記念館

長年の夢がかなって2016年3月にオープン!

世界各地で収集した、多数の民族衣装(コスチューム)、世界大会での各国のフォークダンスの映像、各国の民芸品、ポーランド国立舞踊団シュロンスクとマゾフシェ・ハンガリー国立舞踊団ドナウ等の大型ポスター・各国に於ける舞踊団との交流行事・各国指導者の講習会関連等の各新聞・テレビ放送、各国より受賞した文化勲章・文化賞・ディプロマ・トロフィ・盾・感謝状、フォークダンスに関する資料が展示してあります。

民族舞踊衣装 1階

ポーランド、クヤブとウォビッチの衣装(右側より)
ポーランドダンス交流25周年(2010年)に国立舞踊団シュロンスクより寄贈されたシレジアの
女性の衣装と男性の衣装
フォークダンス民族衣装 1F
ハンガリー、パローツ、カロチャ、ソトマルの衣装(右側より)

画像をクリックして下さい。民族舞踊衣装1階のページが表示されます。

民族舞踊衣装 2階

ブルガリア、ピリン、北ブルガリア、ショプスの衣装(右側より)
メキシコ、ハリスコの衣装
フォークダンス衣装 2F
ポーランドのウォービッチ、スコットランド、ルーマニア、ポーランドの衣装(左側より)

画像をクリックして下さい。民族舞踊衣装2階のページが表示されます。

1階 展示品

各国より受賞品の展示ケース。右側にハンガリー文化勲章・科学アカデミーよりのディプロマ、ギリシアよりのディプロマ・各舞踊団よりの感謝状・寄贈品。福山市長・議長賞。左側にポーランド国立合唱舞踊団シュロンスクよりの文化賞・ディプロマ。ポーランドのコシェンチン市とカミニィツァ・ポルスカ市よりの感謝状と盾・トロフィ。セルビアのカラジチ舞踊団・シシリアのアクラガス舞踊団・ポーランドのユハース舞踊団・国立合唱舞踊団マゾフシェよりの感謝状・盾・メダル、カルパチアダンス優勝記念品。上部はポーランド国立合唱舞踊団

一階の入り口

イバノフ夫妻が指導するブルガリア国立合唱舞踊団フィリップ・クテフ(イバノフ氏は舞踊監督、奥様のティアンカーターニャさんさんは女性のダンスリーダー)の公演写真とハンガリー国立民族舞踊団のエルデーイ夫妻(ティボー氏とイロナ夫人は創立メンバー)の公演写真・ポーランド国立合唱舞踊団マゾフシェ時代のヴォイチック氏とエバさん(ヴォイチック氏はポーランド国立合唱舞踊団シュロンスクの創立メンバーでマゾフシェとシュロンスクの芸術監督になり日本に各2度の合計4度、芸術監督で来日、エバさんはマゾフシェのメンバー)

一階入り口、上段の展示ケースはポーランド国立合唱舞踊団シュロンスクのポスター、創立者のハデナ氏とシュロンスク入口ゲート、ジェシュフの踊りのアダム。下段は協会だより2005年のNHKスタジオ出演(クヤビアク衣装でダンス)と2006年の琴欧州と

シュロンスクポスターの展示ケース

※今後、逐次、各展示を紹介しますので確認下さい

画像をクリックして下さい。1階展示品のページが表示されます。

2階 展示品

ハンガリー刺しゅうの有名なカロチャのテーブルクロス

エルデーイ・ティボー氏はハンガリー国立民族舞踊団の創立メンバーで定年後、国立ドナウ舞踊団の芸術監督。ティボー氏は彫刻でも有名で、舞踊団時代より作成し民族楽器ツィター、羊飼い、孔雀、ダンス像等を寄贈

イタリアで最も伝統あるシシリア(イタリア)のアクラガス舞踊団より寄贈された世界遺産アグリジェントの神殿の絵。世界で最も伝統あるセルビアのカラジチ舞踊団より寄贈された本部のあるロズニィツァの絵。ロシアのトナカイの彫刻。

上段はポーランド国立合唱舞踊団シュロンスクのプリマのゾフィアさん(ウオービッチ衣装)下段はポーランド国立合唱舞踊団マゾフシェ時代のエバさん(左はポロネズ、右はマズル)、右はハンガリー

右上はブルガリア国立合唱舞踊団フィリップ・クテフ指導者イバノフ夫妻、左上はイタリアで最も伝統あるシシリアのアクラガス舞踊団、中は世界で最も伝統あるセルビアのカラジチ舞踊団、海と島の博覧会のギリシアのドロスフォリ舞踊団とジョージ氏、下段左のメキシコ国立舞踊団指導者カローラさんとビクトル氏、ウンベルト氏他

※今後、逐次、各展示物を紹介して行きますので閲覧下さい

画像をクリックして下さい。2階展示品のページが表示されます。

お気軽にお問い合わせください。084-982-2989受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら